伊豆リゾートマンション&会員権



スポンサードリンク

伊豆のビーチ


海の拠点として、夏こそその真価を発揮するといえるでしょう。
とは言っても、海水浴のできるビーチはさほど多くはないので、
何処に行っても混んでいるというのが難点です。

東伊豆で言えば、伊東海岸、熱川海岸、今井浜海岸、白浜といった
ところでしょうか。

転じて、西伊豆については、東京からのアクセスしにくさもあり、東よりも空いていて、穴場的な海水浴場が点在しています。

雲見海岸は漁港の傍らの小さな砂浜で、地元の子供たちで賑わいますが、
今井浜海岸のような混雑はほとんど見られません。海のすぐ横の岩場には
天然の露天風呂があり(もちろん無料)、知る人ぞ知る穴場です。

伊豆に拠点を構えたら、お気に入りのビーチを見つけて大いに楽しみたいですね。
posted by izu at 23:32 | 伊豆リゾート通信

伊豆のリゾートライフとは?


古くから、東京はもとより、関西圏の人にもリゾート地として名高い伊豆・・
伊豆の魅力は、都心からのアクセスの良さと色濃く残る自然環境でしょう。


湯河原、熱海も最近のリゾートマンション開発のラッシュで、活況を呈していますが、伊豆高原を初めとした伊豆の高級リゾート地については、マンション、戸建ともに根強い人気があります。

伊豆高原や伊東・川奈などの人気スポットは、高価格帯物件が数多くありますが、内陸方面の天城高原などは500万〜で一戸建て別荘が手に入ります。

伊豆の山は未だに未開発の原生林が多く、野生の鹿などもたびたび見かけます。

晴れた日には富士山を望むとともに、見下ろせば相模湾と伊豆七島が彼方に見渡せる・・なんて眺望は、日本広しといえども伊豆くらいでしょう。
posted by izu at 23:31 | 伊豆リゾート通信

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。